MENU

「梅干しはどうやってできる?」ねぎかぉ子供向けおはなし会

こんちには、梅干しソムリエ橘香央里です。
今週も梅を食べてハツラツといきましょう♪

私が以前からしている活動の1つに子供向けおはなし会があるのですが、ユニットを結成し活動を始めて今年で10年になります。

子供向けおはなしユニット ねぎかぉ

根岸雅英と(緑のつなぎ)、橘香央里(赤のつなぎ)の役者コンビで10年前から子供向けの活動を始めました。

幼稚園や街のイベントでこども達と体を動かしたり、歌ったり、紙芝居をしたり梅干しの魅力を発信したりしています。

今回そんな ねぎかぉおはなし会に、老舗梅干専門店 五代庵さんと、井上梅干食品株式会社 熊平の梅さんがご協力くださいました!

神保町ブックフェスティバル

毎年出演させていただいている神保町ブックフェスティバルがコロナで4年ぶりにステージ再開。

そこでのおはなし会の中の『かぉりんの梅干しコーナー』で熊平の梅さんが提供してくださった「梅の木から梅干しができるまで」の写真を紙芝居にしました。子供達みんな真剣に聞いてくれていました。

そのあと、梅干しはいつから食べられているのか?梅干しにはどんな効果があるのか?などクイズ形式にしてもっと深く梅干しの事を知ってもらいました。

梅干しを食べた事がなかった子も食べてみたい!と興味を持ってくれ

最後は、おはなし会に参加してくれた子供達に五代庵さんが子供達にと送ってくださった五代梅をプレゼントしました!

2日間のステージで、たくさんの子供達に体に良くて美味しい梅干しのことを伝えられました。ご協力いただき感謝でいっぱいです。

最後に

「子供向けおはなし会」と「梅干し」を結びつけることによって、梅干しを食べた事がなかった子供達も、知るきっかけとなり、梅干しが好きになるきっかけになれば嬉しいです。

日本の伝統食の梅干しが子供の頃から当たり前に食卓にあり、それがさらにその子供にも伝わっていけばいいなと思います。

今はいろんな味の梅干しがあり、好みやその日の気分で選ぶ楽しみもあります。

梅干し離れが話題になっていましたが、逆に「梅干し離れを梅干しブームに」変えられたらと微力ながらおはなし会での活動も続けてゆきます。

と、活動報告でした!

協力いただいた梅干専門店様

老舗梅干専門店 五代庵 本社

住所〒645-0021
和歌山県日高郡みなべ町東本庄836-1

TELフリーダイヤル 0120-12-5310
(代)TEL 0739-74-2487

HP https://www.godaiume.co.jp

井上梅干食品株式会社 熊平の梅

〒645-0012
和歌山県日高郡みなべ町山内1626-1 みなべ店
TEL. 0739-72-5223

HP https://www.kumaheinoume.co.jp

子供向けおはなしユニット ねぎかぉ

2013年、神田時来組の根岸雅英と橘香央里による子供向けユニット結成。

お祭、イベントや幼稚園、児童館などで定期的におはなし会の活動をしています。

Instagram https://instagram.com/negi_kao/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次